スポーツクラブで筋力トレーニング|静岡県静岡市駿河区のGranESTA

トレーニング内容

目的・タイプに合わせたカスタムメイドのトレーニングプラン

トレーニングはパーソナルトレーナーと1対1で行います。
お客様の目標や生活習慣・運動習慣などを十分にヒヤリングしたうえで、カスタムメイドのトレーニングプランをご提案いたします。
各自のトレーニングプランは固定化せず、お客様のその日の体調やトレーニングの進行状況に合わせて適宜変えて行います。
『あなただけのスポーツクラブ』としてご利用いただけるところが当店の魅力です。

あなただけのスポーツクラブ『GranESTA』は静岡県静岡市駿河区曲金にあります。葵区・清水区や静岡市外のお客様にもご利用いただいています。アクセスマップはこちら

【夏の体験キャンペーン!】~40代50代から始める体力づくり!~始めるなら今!8月17日(土)まで10%引き!

お客様に応じた2つのコース

1.プロ選手コース

Jリーグ、プロ野球、日本プロゴルフ協会、日本プロテニス協会、B.LEAGUE、Tリーグ、ラグビートップリーグなどに所属するプロスポーツ選手、または日本代表として国際大会に出場する選手を対象としたコースです。

2.一般コース

年齢、性別を問わず全ての方が対象のコースです。トップアスリートの最新で最高のトレーニングを、一般の方向けにアレンジして提供いたします。マラソンやゴルフなどスポーツの成績を向上させたい、柔軟性をつけたい、体力をつけたいなど、小学生からご高齢の方までご対応いたします。

各項目をクリックすると、その項目にジャンプします。

プロ選手コース

どんなスポーツ競技においても、スポーツ選手に共通して必要とされる体力要素があります。その体力要素の構成図を『パフォーマンスピラミッド』と呼びます。(図1)

パフォーマンスピラミッド図1

プロスポーツ選手や国際大会に出場する選手は、非常に高い競技力が求められます。オリンピックや国際大会で勝つためには、相手選手や他国の選手より高いレベルのスキルや戦術が求められます。そのためには、ベースとなる「ファンクショナル・ムーヴメント」や、「パフォーマンス」が、十分にトレーニングされている必要があります。(図2)

「ファンクショナルムーヴメント」と「パフォーマンス」とは・・・

図2. 競技成績とパフォーマンスピラミッドの高さ

プロスポーツ選手にとって一番重要なこと、つまり競技で勝ち続けるためには、パフォーマンスピラミッドの中でどの要素が自身に不足しているのかをしっかりと把握することです。そして、その不足している要素を高めるためのトレーニングに取り組むことです。
ちなみに、ピラミッドのどの要素が抜けても高いパフォーマンスが維持できません。

つまりいくらスキルを磨いても肝心な時にその威力を十分に発揮できないのです。

GranESTAでは、各種の評価テスト(モビリティテスト、スタビリティテスト、ムーヴメントテスト、筋力テスト、持久力テスト、パワーテスト等)によって選手に不足している体力要素を客観的に、詳細に評価します。

それをもとに数多くの実績を持つプロのトレーナーが更に高い競技力を発揮できるようにプログラムを作成致します。
ファンクショナルムーヴメント、パフォーマンスにおいて選手に不足している要素を高め、バランスのよい高いパフォーマンスピラミッドを構築します。

現在プロスポーツ選手として活躍している選手でさえも、スキルや戦術の練習を優先させ過ぎて、ベースとなるファンクショナル・ムーヴメントやパフォーマンスのトレーニングが不足している選手が少なくありません。

このトレーニングが不足すると、せっかく専門的な高いスキルを習得しても、その競技力を維持できずに、競技成績は必ず低下していきます。(図3)

図3. 不安定なパフォーマンス

しかし、ファンクショナルムーヴメント、パフォーマンスのベースとなる体力を十分にトレーニングした上で優れたスキルを習得していけば、競技力は今よりも向上します。

ファンクショナル・ムーヴメント(Functional Movement)

主にモビリティ、スタビリティ、ムーヴメントの3つの要素があります。

モビリティ

肩関節や股関節など四肢の関節を大きく動かすことができる柔軟性と関節の動作をコントロールする能力です。例えば野球のピッチャーが肩のモビリティに問題があると、肩の動きを腰や腕で無理に補おうとして腰痛や肘の炎症の原因になります。

スタビリティ

姿勢を保持しながら、四肢の関節の全可動域において安定した筋力を発揮できる能力です。例えばスプリント(短距離のダッシュ)の時に上半身と下半身を速いピッチでなおかつ大きなストライドで動かしますが、この時に骨盤から腰椎周辺(いわゆる体幹)のスタビリティ(安定性)が不足していると、地面反力を推進力に上手につなげることができずスピードは上がりません。

ムーヴメント

歩いたり、しゃがんだり、立ち上がったりという日常的な基本動作がスムーズに行えないと、疲労しやすくなったり、あちこちに痛みが出たり・・・といった症状につながりやすいため、効率よい動作を身に着けます。

パフォーマンス(Performance)

主に筋力、持久力、パワー、スピードの4つの要素があります。

筋力・持久力

スポーツの競技種目によって、必要とされる筋力と持久力のレベルは異なります。
持久力を例にあげると、サッカー選手の場合、持久力の指標となる最大酸素摂取量と言う数値は日本代表選手で65ml/kg/min以上にもなります。この数値は陸上競技の長距離選手に匹敵する高いレベルです。
しかし、サッカー選手は長距離選手のように一定の(速い)スピードで長時間走る能力よりも、ドリブルやダッシュ、キックやジャンプなど瞬発的な動作を繰り返す特異的な持久力が求められます。
また、筋力を例にあげると、筋力トレーニングで代表的なスクワットの場合、サッカー選手は体重の1.5倍以上挙げられることが必要ですが、競輪選手やラグビー選手は体重の1.8~2倍の筋力が必要です。そして、全身のどこの部位の筋力が最も必要かも競技種目によって異なります。
プロスポーツ選手は、競技特性に応じた筋力・持久力トレーニングをしていくことが非常に重要です。

パワー・スピード

プロスポーツ選手や国際大会に出場する選手は、競技レベルが上がるほど、より高いパワーとスピードが求められます。それと同時に、スポーツに特異的なパワー・スピード発揮が必要です。
例えば、ゴルフ選手は身体を力強く回旋させるための体幹や下半身のパワー、サッカー選手は方向転換のスピードや相手より速く数m先を行くスピード、野球の投手は下半身から体幹・肩甲骨・腕にかけて連動したパワー発揮が必要です。
パワー・スピードのトレーニングにおいても、競技特性を十分に考慮したトレーニング方法を選択することが非常に重要です。

プロ選手コースのトレーニング内容について

  • 最初の2回のトレーニング(90分×2回)は、測定評価のためにテストを行います。
  • 実際のトレーニングは3回目から行います。
  • テストは、モビリティテスト、スタビリティテスト、ムーヴメントテスト、筋力テスト、持久力テスト、パワーテスト、スプリントテスト、アジリティテストの中から選択して行います。
  • テスト内容は、選手ご自身が抱えている課題を十分にヒアリングした上で、スポーツ競技特性を考慮して選択します。
  • パフォーマンス(持久力、パワー、スピード)のテストは屋外で行います。
  • トレーニングはその日の内容によって、GranESTA、屋外、体育館等で行います。

一般コース

GranESTAでは、プロスポーツ選手に提供している最新のトレーニング方法や、健康づくりに関する正しい情報を、一般の方向けにアレンジしてご提供しています。
プロスポーツ選手や国際大会での成績アップを目指すトップアスリートの指導ために多くを学んできたからこそ、健康な身体づくりや正しい身体の動かし方なども広くお伝えすることができます。
マラソンやゴルフなどスポーツの成績を向上させたい、柔軟性をつけたい、体力をつけたいなど、お客様の目的に応じたトレーニングを指導いたします。
初回のカウンセリング時に、柔軟性や姿勢の歪み、筋力バランスなどをチェックし、お客様のタイプ・目的に応じて、以下7種類のトレーニング方法を組み合わせながらトレーニングしていきます。

【夏の体験キャンペーン!】~40代50代から始める体力づくり!~始めるなら今!8月17日(土)まで10%引き!

モビリティ・エクササイズ

core

『モビリティ』とは、筋肉の柔軟性と、四肢の関節を大きく動かすことができる能力です。トレーニング効果を最大限に引き出すためにとても大切です。
まずは、『グリッドフォームローラー』や『ストレッチポール』などの道具を使い、筋肉の柔軟性を高めます。そして、ストレッチに似たエクササイズ等で、四肢の関節を大きく動かす能力を高めていきます。
『モビリティ』が改善されるだけで、腰痛の改善や筋力の向上、スポーツ競技力が向上する場合もあります。

コアスタビリティ・トレーニング

77

体幹部(腹部・腰背部・股関節・肩甲帯)の筋肉の安定力を高め、四肢の筋肉との協調性を図るトレーニングです。
バランスボールやストレッチポールなどを使ってトレーニングします。
全身の筋肉をバランスよく動かせるようになります。
腰痛改善や体幹部のシェイプアップにも効果的です。

ファンクショナル・トレーニング

43

全身の各筋肉は、らせん方向や縦方向へのつながりを持っています。その特性を生かして、身体機能を改善させるトレーニングです。
KINESIS ONEやダンベルなどを使います。
スポーツ選手のパフォーマンスアップや、肩こり・ひざ痛・腰痛改善にも効果があります。

ストレングス・トレーニング

ダンベル・バーベル・KINESIS ONE・エクササイズチューブ等を使った筋力トレーニングです。
筋肥大(筋肉量アップ)による基礎代謝の向上や筋持久力の向上を図ります。
お客様の体力に合わせた運動強度で行いますので、初めての方でもご安心ください。
ストレングストレーニングは、お客様の身体特性に応じて以下のようなトレーニングメソッドで行います。

35
  • 『自重トレーニング』
    トレーニング初心者の方にお勧めです。使いたい筋肉の意識を高めます。
  • 『スロートレーニング』
    ゆっくりとした動きで筋肉への刺激を高めます。筋肥大や脂肪燃焼に効果的です。
  • 『サーキットトレーニング』
    脂肪燃焼や持久力向上に効果があります。
  • 『高強度トレーニング』
    筋力や筋肉量の増大に効果的です。中級者~上級者の方にお勧めです。
  • 『アイソメトリクス・トレーニング』
    痛みや可動域制限がある方などの筋力アップに効果的です。
  • 『プライオメトリクス・トレーニング』
    スポーツ選手には欠かせないパワーの向上に効果的です。
  • 『クイックリフティング』
    筋―神経系の働きを改善し、筋力アップに効果があります。スポーツ選手向けです。

バランストレーニング

balance

バランスボール・バランスパッドなどを使うことで、身体の「姿勢反射」の機能が向上します。全身の筋肉の前後・左右バランスや歪みを改善させます。

カーディオ・トレーニング

160

エアロバイク・ランニングマシンを使った有酸素性トレーニングです。
全身持久力向上やダイエットに効果があります。

パートナー・ストレッチ

67

パーソナルトレーナーがお客様のストレッチをいたします。
トレーニング後の疲労回復や柔軟性向上に効果があります。
全身の筋肉のバランスを図りながらストレッチをするので、体の歪みも改善できます。

お客様の声をご紹介していますのでぜひご覧ください。

トレーニング時間

トレーニングの時間は、プロ選手コースは90分、一般コースは40分・60分・80分の3種類です。お客様の体力やトレーニング頻度等に応じて、トレーニング時間をご提案させていただきます。
初めての方・女性・高齢者は40分を、スポーツ選手・男性は60~80分をお勧めします。
お客様の体型やトレーニング経験に応じてエクササイズ種目を選択し、様々なトレーニングメソッドで行っていきます。
体験トレーニングは30分です。
お着替えや準備運動の時間は、トレーニング時間に含まれません。ご予約時間の5~15分前を目安にお越しいただき、お着替えと準備運動を済ませてください。

トレーニング例(一般コース)

ビギナー(50代女性・運動経験なし・姿勢改善コース)の場合のトレーニングプラン

ビギナー(40代女性・運動経験あり・ダイエットコース)の場合のトレーニングプラン

74

スポーツ向け(30代男性・トレーニング歴10年・筋肉量アップコース)の場合のトレーニングプラン(上半身中心)

プロが個別に指導するパーソナルトレーニングを体感してみませんか?

ご自身の体に合ったトレーニングを知っていただくために、30分の体験トレーニングコースをご用意しております

体験トレーニングはこちら

パーソナルトレーニングって?

トレーニング内容・方法・設備・料金 等々パーソナルトレーニングについてのご質問にお答えします。お問い合わせはこちら

フォーム以外でのお問い合わせ・申し込みは TEL:054-282-6177
対応時間:火〜金10:00〜22:00/土10:00〜17:00(日・月・祝祭日を除く)

ページのトップへ

現在地:トップページトレーニング内容